新幹線の路線はどれも魅力的!




 

秋田新幹線について

JR東日本が運行している秋田新幹線。1997年の3月22日に開業した秋田新幹線の路線距離は127.3kmであり、車両形式はE6系、使用列車は「こまち」1つしかありません。スペックだけを見てみると何だか印象が薄い秋田新幹線ですが、他の新幹線とはまるで違う、特別な特徴を持っています。そのため、多くのファンの視線を集めるのです。

秋田新幹線の特徴は、ミニ新幹線の1つだということです。そのため、在来線の線路を使用して走ります。また、走行の途中で列車の進む方向が変わるというのも、通常の新幹線では体験できない動きとなります。このように、新幹線でありながら独自のフォームを持っているため、多くの人から愛されているのです。また、東北新幹線との乗り入れも可能であるため、住民の足として欠かせない存在となっています。

カラーリングに関しても、新幹線にありがちな白や青などではなく、赤をメインにした非常にアグレッシブなデザインを採用しています。このような派手な色合いは冬の秋田の銀世界に映えて、非常に美しいコントラストを描き出します。このようなビジュアルも人気の秘密として挙げられており、その魅力の多さにも驚かれることでしょう。